愛人眼鏡
はアイジングラスという言葉に漢字を当てた造語です。愛人的日常の告白ブログではありませんヨ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2007/11/29(木)   CATEGORY: Entertainment
「夏のレプリカ」
夏のレプリカ 森博嗣
S&Mシリーズ第7作目。


結末に納得が行かない物語は初めてだ。
 
兄貴と一緒にいたあの女は誰なんだ!!!
(↑コレが一番気になっている)
スポンサーサイト
DATE: 2007/09/25(火)   CATEGORY: Entertainment
仮面ライダークウガ
この歳になって真剣に特撮とか見ちゃってたわけですが。
大人?目線で見ちゃうとかなりのコメディに見えました…
久しぶりにゲラゲラ笑ったですよ!
…最後2話位は目水が大変でしたが…(ノ□T
 
そして突っ込みどころ満載。
とりあえず、公道をナンバープレートなしの二輪車が
走ってちゃだめでしょ?!とか
なんで正体ばれないかなぁ…とかとか…
 
子供目線で見れたら「カッコイイ~」とか思えたのかしら。
 
「ザギバスゲゲル」の描写は納得いかないですが
まぁ、やりすぎても子供に見せちゃだめでしょ?
的展開になりかねないのでこんなもんなのかなぁ。
 
個人的には人間(リント?)なら薫さん
グロンギならバラ女とバッタ兄弟が好きでした。
そしてグロンギ!グロンギいいです!
はまりすぎてDVD鑑賞がグロンギ語リスニング大会に…
 
ヅビザリス アギト!(=ω=
DATE: 2007/09/01(土)   CATEGORY: Entertainment
ベクシル
映画館でお金払ってまで観ようとは思ってなかったのですが
誘われたので観に行ってきました。
どうせ、今日は1000円だしね…
 
ダイワがしたことは許されることではないけれど
もしこれが実現可能だとしたら私的には心躍る。
空っぽの心を満たすためだけの虚像生活。
砂の城は風に吹かれて壊れるばかり。

そして本妻と元カノの対面。
こんなに人間関係狭くてたまるものか。
DATE: 2007/06/17(日)   CATEGORY: Entertainment
舞妓Haaaan!!!
観に行ってきました。
レイトショーにもかかわらず大賑わいでした。
 
題名と簡単な内容説明だけだと
舞妓さんを追い掛け回すパパラッチ的映画かと思われましたが
馬の前に人参をたらして走らせるような
かなり前向きで向上性の高い?映画でした。
 
キャラクターもかなり濃くて
笑いに相乗効果を出してました!
堤さんが2枚目だったり3枚目だったり、
こっそり?Mrオクレさんが出てたり、
北村さんちょこっとしか出てないのにインパクト大だったり。
 
 
そして映画が終わった後は
ラーメンが食べたくなること間違いなしです!
DATE: 2007/06/14(木)   CATEGORY: Entertainment
夜は短し歩けよ乙女
黒髪の乙女に似ているというので読んでみた。
 
 
…似てるのか…似てるのか?
黒髪ってとこだけか・・・?
「なむなむ」ってよく使うから?
 
 
読んではみたけど、同時に聴いていた
スキマスイッチの奏が頭をめぐって内容が入ってこない。
先輩の想いが伝わらないのが可哀想で泣いたわけじゃない。 
DATE: 2007/05/02(水)   CATEGORY: Entertainment
ゲゲゲの鬼太郎
ゲゲゲの鬼太郎観に行ってきました。
 
ウエンツ鬼太郎かっこよかったですっ!
麗奈猫娘可愛かったです。
物語は笑いもシリアスも妖怪もあって楽しめました。
映画は何も考えずに楽しめる作品がいいですね!
映画化されると聞いたときから楽しみにしていたので
観ることができてすごくご満悦です。
 
それから橋本さとしさんが空狐役で出演されていました!
最近いろんなところで拝見するので嬉しいですね~☆
何気に悪役が多いような気がしなくもないですが。
まぁ、どんな役柄でもテリー・ボガードに
脳内で変換されますけどねっ!!キャーテリー!!!(*ノノ
 
妖怪紹介で油すましがゲゲゲの森の村長だと
今回はじめて知りました。
偉い人だったんだねーと妹としみじみ。
DATE: 2007/04/14(土)   CATEGORY: Entertainment
黒執事①
ようやく「黒執事」を購入できました!
本屋8軒まわってやっと手に入りましたよ。よよよ。
 
第一先行的に執事=骸さんのイメージが強かったわけですが
読み終わってもやはし「イコール」っぽいかも?と思ったり。
セバスチャンが時々見せる含み笑い(?)がステキです。
 
それにしてもあの家はよくもっているなぁというのが
最大の感想かもしれない。
 
あくまでしつじ。さいきょうです。
Copyright © 愛人眼鏡. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。